東北地方最大の地方銀行である七十七銀行

七十七銀行の豊富な預金商品

七十七銀行では、お客様の大切な資産を蓄えたり運用したりする商品として、各種円預金や外貨預金、将来に備えるための各種金融商品や保険商品などを豊富に揃えています。

出し入れが自由で公共料金の自動支払い、給与や年金の自動受取りなどができてお財布代わりに使える普通預金は基本の預金商品ですが、毎月自動振替で積立てができる「積立預金」や、毎月一定額を積立てていく「定期積金」などは、どちらもライフプランに応じて計画的に無理なく貯めていける便利な預金です。

安全性の高い資産運用方法として、いつの時代でも人気があるのが定期預金です。自由金利型定期預金として「スーパー定期預金」と預入額が最低1000万円以上からの「大口定期預金」があります。どちらも2年たつと中間利払いを受けられます。「スーパーセブン」は、6ヶ月の据え置き期間後はいつでも預金の一部を引き出すことができますし、預入期間に応じて半年複利で金利が計算されるのでお得です。

七十七銀行の定期預金には、他にも利用しやすい商品が揃っています。「変動金利定期預金」は、市場の金利に応じて6ヶ月ごとに適用金利が変動する定期預金です。その他、1年たつと一部引き出しも可能な「期日指定定期預金」や、1ヶ月から6ヶ月までの間で好きなサイクルで利息が受け取れる「利息分割受取型定期預金」などがあります。

七十七銀行の預金商品の金利は、あまり魅力があるとは言えませんが、キャンペーンの時にはなかなか高金利の商品が出てきます。特に資産運用プランとして、七十七銀行で退職金を受け取ったり投資信託の購入をした場合、スーパー定期預金に上乗せ金利が設定されるキャンペーンを毎年行っています。

七十七銀行では各種保険商品の仲介も行っています。個人年金保険は、ゆとりあるセカンドライフのための資金として自動引落しでもお金が貯められます。年金保険には毎月決まった額を受取る「定額年金保険」と、保険料の運用結果によって年金額が変動する「変額年金保険」があります。