高知銀行のシンボルマークはビビットK

役に立ち、信頼される銀行を目指す高知銀行

高知銀行のキャッチフレーズは「あしたを元気に!ビビットバンク」。そのシンボルマークは赤、青、緑のビビットカラーで「K」の字が表現された「ビビットK」です。赤は地域の皆様を、緑は地元企業を、青は地域のニーズに応え貢献する高知銀行を表しています。

高知銀行はスタンダードな預金商品の他、資産運用商品として高利回りが期待できる外貨預金、投資信託なども取り扱っています。住宅ローンやカードローンなど、各種ローン商品は豊富で充実しています。また、法人に向けては各種事業者向けのローンの提案や、コンサルティング機能を発揮して地域企業をサポートしています。

高知銀行は2015年にインターネット支店を開設しました。その名も「よさこい おきゃく支店」です。いつでもどこからでもパソコンやスマートフォンから取引ができ、口座開設手数料や管理手数料は無料です。支店専用の「おきゃく定期預金」は、金利比較のランキングなどでもトップクラスの高金利が人気です。

高知銀行では平成27年、高知銀行のキャッシュカード使用での自行ATM手数料を、すべての時間帯無料にしました。また、全国にあるセブン銀行ATMでも平日の時間内だったら「預入れ」「残高照会」「引出し」が無料で利用できるようになりました。その他ローソンATMやイーネットATM、イオン銀行ATMなどが利用できるので、実質日本中どこにいても高知銀行との取引が来ます。

高知銀行は地域貢献活動にも大変積極的です。平成22年には農業や医療など成長分野に対する融資ファンド「こうぎんビビッドファンド」を設立し、地元企業を金融面からも支援しています。また、地域のこどもたちへの金融知識の普及活動として、高知高専との共催で「こども金融・化学教室」を開催、高知大学と高知銀行のサッカー部が連携して「こどもサッカー教室」を開催するなど、次世代を担う子供たちの育成支援にも取り組んでいます。もちろん高知発祥の「よさこい祭り」などのイベントにも参加し、地域との交流を深めています。