高知銀行のシンボルマークはビビットK

高知銀行の地域貢献への取組み

高知銀行は「地域密着型金融として地域の経済の発展に貢献し、お客様満足度の高い金融機関であること」を経営基本方針として掲げています。地元企業のためにはコンサルティング機能を発揮しての経営支援や情報の発信を行い、個人のお客様にはそのライフプランに合った良質の商品やサービスを提供していくことを目指しています。

高知銀行は「こうぎん・ビビット・ファンド」や、株式会社地域経済活性化支援機構と共同で「こうぎん地域協働ファンド」などの基金を設立して、農業や医療など成長分野と言われる事業に取り組んでいる地元の企業や、ベンチャー企業の育成をサポートしています。また「こうぎん地域ブランド応援融資」や「こうぎんビジネス応援団」、女性事業主専用の「こうぎんはちきん応援団」など各種事業者向けローンを提供し、運転資金や設備資金など資金調達の面で地元企業を支援しています。

高知銀行は産業振興への取組みのひとつとして、地元企業のビジネスマッチングや商談会への出店支援を行っています。高知銀行が立ち上げた企業間のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「こうぎんビビットタウン」は、会員登録している企業同士がネットで直接やり取りして異業種間の交流が生まれたり、商品や技術について相互に情報を交換しあったりする場にもなっています。商談などビジネスチャンスが生まれる場としても活用されています。

また、高知県の地元企業と県内の大学や高知工業高等専門学校を結び、企業のニーズに大学や高知高専の研究技術を生かす「産学官連携」にも積極的に取り組んでいます。毎年研究技術やその産業利用の可能性に関する講演会を開催し、地域経済の活性化につながるよう貢献しています。

高知銀行は、地域のイベントにも積極的に参加しています。「高知龍馬マラソン」や「四万十川ウルトラマラソン」のオフィシャルパートナーであり、高知発祥で全国的に有名な「よさこい祭り」には、毎年「こうぎん踊り子隊」として参加して地元との交流を大切にしています。