奈良県で圧倒的なシェアを誇る南都銀行

南都銀行の資産運用のための商品

資産を形成し運用する商品として、定期預金など預金商品は元本が保証された安全性の高い商品といえます。南都銀行でも様々な預金商品を展開していますが、現在の日本の預金金利は低金利状態が続いており、利息には期待できません。多少のリスクはあっても積極的に資産運用を考えたいという人のために、南都銀行では外貨預金や投資信託などを紹介しています。

現在のドルやユーロなどの外国通貨は円よりは金利が高く、預金の利息も多くなります。南都銀行では、米ドル、ユーロ、豪ドルを中心に外貨預金を展開しています。しかし為替レートは刻々変化しており、円で受取るときのタイミングによっては元本割れを起こす為替リスクがあるので、日々、国際情勢などのチェックが必要です。

投資信託は、お客さまから集めた資金を投資のプロが国内外の株式や債券などに分散投資し、その投資成果を分配する、初心者でも始めやすい商品です。南都銀行では投資信託の仕組みやリスクなどについてフィナンシャルプランナーがホームページでわかりやすく解説しています。また自宅にいてもパソコンなどからいつでも投資信託の取引ができる「インターネット投信」や、自動振替で投資信託を定期的に購入して積み立てていく「投信積立サービス」など、気軽に投資ができるサービスを提供しており、ホームページでは南都銀行が扱うファンド情報をいつでも確認することができます。

また南都銀行ではNISA(少額投資非課税制度)の申込を受け付けています。これは年間120万円以下の株式投資などで得た利益は、非課税になるというお得な制度です。さらに、今年からは新しく「つみたてNISA」がスタートし、南都銀行でも取扱いを開始しています。毎月一定額を投資していく積立型の投資で、非課税枠は40万円までと低いですが、非課税期間は20年と長く、投資経験の少ないお客さまにも適した制度です。南都銀行では運用期間中の手数料が低く長期の投資に向いているなどの、つみたてNISA専用のファンドを用意しています。